東和精機の取扱い製品紹介~サーボプレス機~

安城市を製造販売の拠点としている東和精機ではモノづくりを支えるさまざまな機械の製造販売を行っています。
今回はその中から「サーボプレス機」にフォーカスしてご紹介しましょう。

◆プレス機の種類とそれぞれのメリット

まずは、東和精機で取扱っているプレス機にはどんな種類があるのかチェックしておきましょう。
東和精機では大きく分けると「油圧プレス機」と「サーボプレス機」、2種類のプレス機を取扱っています。
どんな違いがあるのかそれぞれの特徴とメリットについてみておくことにしましょう。

●油圧プレス機の特徴とメリット

油圧プレス機の場合はモーターで油圧ポンプを動かして、油の圧力を使ってプレス加工をする機械になります。
油圧式プレスのメリットとしては、ストロークの長さ、加工速度、加圧力を使う側で好みに合わせてアジャストメント可能なことと言われています。

●サーボプレス機の特徴とメリット

サーボプレス機は、サーボモータを使ってプレス加工速度をコントロールしている機械になります。
プレス加工を行う時にスライドの動きをチョイスしたり、加工を行う時にピッタリの動きをチョイスしたりすることが可能となります。サーボモータが搭載されていることで速さを自由に変更することが可能なため、複雑な形のものを生産するのに向いていると言われています。

◆東和精機のサーボプレス機の特徴

油圧プレス機とサーボプレス機の特徴などについて見てきましたが、東和精機で製造販売しているサーボプレス機の特徴についてご紹介しましょう。
東和精機のサーボプレス機は、停止精度が求められる試作研究用のプレスに向いていて、最高出力は100kNとなっているそうです。
さらに次の様な特徴があるそうです。

・OSにWindows7を搭載しているので、高い拡張性がある。
・位置を確認するために精密リニアスケールが使われているため、より高い停止精度がある。
・荷重データ、位置データについて一緒に表示される。
・専用機のため、顧客が求める仕様に合わせて設計を行うことが可能。

また、荷重データは荷重管理装置、位置データは位置センサーが使われているそうです。

◆まとめ

東和精機で製造販売を行っているサーボプレス機の特徴と油圧プレス機との違いについても特徴を明確にするために合わせて見て来ましたが、いかがでしたでしょうか?
東和精機では2005年7月から高精度のサーボプレス機の販売をスタートさせていますので、今年で販売開始から15年を迎えることになりますが、今後の展開も気になるところです。