東和精機の販売機械~トランスファーモールドプレス~

安城市に本社工場がある東和精機は、全自動歪取機の製造販売業者として良く知られていますが、他にも東和精機で販売を行っている機械があります。
今回は「トランスファーモールドプレス」についてご紹介しましょう。

◆半導体とは?

トランスファーモールドプレスというのは半導体の樹脂封止装置のことになります。
普段半導体に関わる機会があれば半導体について良くご存知の方も多いとは思いますが、そうでない方にとっては目にしたり耳にしたりする機会はあっても、良くは知らないという方もいるではないかと思います。
まずは、東和精機で販売しているトランスファーモールドプレスについてご紹介する前に、半導体について簡単に説明しておきましょう。

物には電気を通す性質のものと電気を通さない性質のものがあるのはご存知の通りです。電気を通す性質の物は「導体」、電気を通さない性質の物は「絶縁体」と呼ばれています。
感電しないようにするためには、ゴム製の手袋をはめると良いと言われていますが、これはゴムが電気を通しにくい性質=絶縁体であるためだそうです。
半導体というのは、その名前の通り電気を通す「導体」と電気を通さない「絶縁体」との間のような性質を有しているものと言われています。
半導体は温度が低いと電気を通しにくいですが、温度が上昇するに従って電気を通すようになります。また半導体は特定の元素を加えることで電気を通しやすくなるという特徴があります。

◆トランスファーモールドプレスとは

半導体がどのようなものなの確認しましたので、次に、東和精機で販売しているトランスファーモールドプレスについてご説明しましょう。
半導体をご覧になったことがある方はお分かりだと思いますが、半導体はむき出しの状態で使われることはありません。どの半導体も樹脂でコーティングされています。
半導体を樹脂でコーティング加工するめの機械が東和精機で販売しているトランスファーモールドプレスになります。樹脂で半導体をコーティングすることで、半導体が必要のない電気的干渉などを受けることを避けることが可能になります。
つまり、半導体の信頼度をアップしてパフォーマンスを上げるためには、半導体を樹脂コーティングすること。本来の目的を確実にこなすことが出来るようになるでしょう。
半導体は外部からの刺激を受けることによって、導体にもなれば絶縁体にもなるという性質があるためです。

◆まとめ

東和精機が販売しているトランスファーモールドプレスとはどういう機械なのか紹介して来ましたが、東和精機がこの機械を販売したのは1969年2月だそうです。東和精機は現在では、EVシリーズ、SDシリーズ等さまざまなタイプのものを販売しています。